着物をクリーニングに出す方へ!料金の相場とは?

着物をクリーニングに出そうとお考えの方はいらっしゃいませんか。
片付けてしまう前にクリーニングに出すことで、大切な着物をきれいな状態で保てます。
着物は普通の洋服とは素材や生地が違うため、どれくらい料金がかかるのかわからず、不安に感じている方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、着物のクリーニングにかかる料金の相場ついてご紹介していきます。

 

□着物のクリーニングにかかる料金相場

クリーニングの料金相場は一律ではなく、クリーニングしてもらう店や着物の種類、クリーニング方法によって違ってきます。
そのため、目安の相場として、参考にしていただきたいです。
クリーニング方法には、ドライクリーニングをする京洗い、丸洗い、本洗い、洗い張りといったように、いくつか種類があるため、着物の状態や種類に合った洗い方を選ぶことをおすすめします。
クリーニングの料金相場として、

・留袖の場合、10000〜12000円
・訪問着の場合、8000〜10000円
・振袖の場合、10000〜12000円
・浴衣の場合、4000〜6000円

ほどと言われています。
着物に金糸や銀糸が使用されていれば、特に日数もかかるため、高い金額になります。
さらにシミなど、気になる部分があればオプションをつけることができます。
以下では、そのオプションについてご紹介します。

*染み抜き

直径が1センチ以下で変色していなければ、1500〜2000円、変色していれば2000〜2500円ほどかかります。
直径が長くなるほど、価格は高くなります。
もしシミがついていることに気付いたら、なるべく早く落とすようにしましょう。
着る頻度が高い着物には、あらかじめ撥水加工しておくことで、雨の時でも汚れにくく、染み抜きの料金を節約することにつながります。

*汗抜き

汗はついていても分かりにくいですが、時間が経つと胴裏や襟が変色してしまうことがあります。
クリーニングは生地を傷めてしまうため、年に一回くらいが適切だと言われていますが、汗は長い間放っておくと、特殊な加工をしなければならなくなるため、汗をよくかいたと思う日や、シーズン毎に汗抜きを行うことをおすすめします。
4000〜6000円が相場です。

*カビ落とし

3000〜5000円が相場だと言われています。

*ニオイ取り

8000〜10000円が相場だと言われています。
クリーニング期間は一ヶ月ほどと言われていますが、汚れ次第では、短かったり、もう少しかかる可能性がございます。

 

□最後に

今回は、クリーニングにかかる料金の相場ついてご紹介しました。
着物をクリーニングに出そうとお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしていただけたら幸いです。

美容室で着物を着付けてもらう方必見!着付け料金はどれくらい?

美容室で着物を着付けてもらおうと考えている方はいらっしゃいますか。
着物の着付け方がわからない方は、自分でするよりも美容室でお願いするほうが安心だと思います。
また美容室では、着物の着付けだけでもお願いできますし、ヘアメイクとセットでもしてもらえます。
そんな美容室ですが、初めて利用する方も多いく、どれくらいの料金がかかるのかは気になるポイントですよね。
そこで今回は、美容室で着付けをしてもらう際の、着付け料金についてご紹介していきます。

□美容室の着付け料金

*着付けのみの場合

着付け価格は、美容室や着付けにかかる時間や手間のかかり具合によって違ってくるため、だいたいの相場として参考にしていただきたいです。
特に帯の結び方が大きく影響し、振袖の場合では、豪華で凝った結び方にすると値段が高くなります。
振袖の場合、8000〜11000円ほどになっています。
訪問着の場合、5000〜7000円ほど、浴衣であれば3500〜5000円ほどが相場だと言われています。
着物を着付ける際には、和装ブラを着用しますが、下着の着脱時間を短縮し、持ち帰る時の荷物を減らすためにも、あらかじめ和装ブラを着て美容室に行くことをおすすめします。

*着付けとヘアメイクのセットの場合

ヘアセットもしてもらうと、ショートの場合3000〜5000円ぐらいで、ロングの場合プラスで4000〜6000円くらいかかると言われています。
美容院に行く前からコテで巻いたり、スタイリング剤をつけていくと、理想の髪型にできない可能性があるため、何もしていない状態で行くことをおすすめします。
髪飾りをつける際は、別で買ったもの、レンタルしたものを持ち込む必要があります。
さらにフルメイクもお願いすると、プラスで4000〜5000円かかります。
この場合、メイクはしていかないようにしましょう。
メイクをしていくと、化粧を一度落とすために手間や時間がかかり、その後の化粧ノリが悪くなってしまいます。
セットでお願いすると、ヘアセットやフルメイクの価格が安くなる美容室もあるので、気になる美容室があれば、事前に調べてみてはいかがでしょうか。
またセットでしてもらうことで、当日のスケジュールが整理しやすくるでしょう。
美容室では、ヘアセットやメイクをしてから着付けをするため、上に着る服はボタンなどで開け閉めができる前開きのものを着ていきましょう。

 

□最後に

今回は、美容室で着物を着付けてもらう際に、どれくらいの料金がかかるかについてご紹介しました。
美容室で着物を着付けてもらう際には、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

振袖レンタルの流れは?大阪にお住いの方必見です

振袖をレンタルすることが初めての方は、レンタルの流れについて疑問に思うことも多いのではないでしょうか。
そこで今回は、振袖レンタルの一連の流れについてご紹介します。

□振袖レンタルの流れ

振袖レンタルには、来店してレンタルする「ご来店レンタル」と宅配でレンタルする「宅配レンタル」の2種類があります。

*ご来店レンタルの流れ

ご来店レンタルのメリットとしては実際に試着ができる点です。
試着することで、丈感や着心地を確認することができます。
また、WEB上の写真では光の加減によって微妙に色の見え方に差が生じる可能性もあります。
実物を着用したい方におすすめです。
ご来店レンタルの流れは以下の通りです。

1. ご来店や店頭の品の試着はご予約をしないで行っていただけます。

2. お気に入りの商品を選び、お申込みに入ります。

3. お支払い完了後、ご成約となります。

4. 当日に着付け、ヘアメイク等の準備をします。

5. スタジオでの撮影も承っています。

6. ご使用後は、ご返却をしてレンタル終了です。

ご使用後のクリーニングは不要です。

*宅配レンタルの流れ

宅配レンタルのメリットは、お店に足を運ばずに振袖のレンタルができることです。
忙しくてお店に足を運ぶ時間がない、家で写真を見ながらゆっくり決めたいという方におすすめです。
宅配レンタルの流れは以下の通りです。

1. 商品選びとお申し込みはWEB上で行っていただきます。

2. お申し込みの後、お申し込み確認メールを当店よりお送りするので、そちらのメールからお手続きを行なっていただきます。

3. お手続きには、メールかFAXでの身分証のご提示が必要になります。

4. 料金のお振込みの後、ご成約完了になります。

5. 商品は、着用日の5日前に発送いたします。

6. ご使用後は、ご返却していただき、レンタル終了となります。
ご使用後のクリーニングは不要です。

*振込と発送について

ネットレンタルの支払い方法は、ゆうちょ銀行への振込になります。
着用日の5日前の注文の方は、代引引換のみの決済となります。

商品は、着用日の5日前に当店から発送いたします。
ご予約完了次第、配送用のお問い合わせ番号をお知らせいたします。

□さいごに

今回は、振袖レンタルの一連の流れについてご紹介しました。
初めての振袖レンタルを満足に終わらせるためにも、流れを知っておくことは役に立ちます。
ぜひこの記事を参考に、納得のいく振袖選びにお役立てください。
レンタル着物別嬪では大阪を中心に着物レンタルを行っております。
ぜひ、お気軽にご連絡ください。

着付けに必要なものとは?大阪の振袖レンタルについて!

振袖のレンタルを検討している方は、振袖を着付けする際に必要なものは何だろうと疑問に思うこともあるのではないでしょうか。
振袖は、必要な小物や作業も多く、難しく感じてしまいますよね。
そこで今回は、振袖を着付けする際に必要なものを紹介します。

□振袖の着付けに必要な和装小物

*腰紐

着物や振袖の着崩れを防ぐために腰の周りに巻く、布でできた紐のことを言います。
着付けの際には一般的には3本使用します。

*衿芯(えりしん)

着物の襟を立てる際に使用します。
洋服にも使用されていますが、普段は縫われていて外からは見ることができないため、あまり馴染みがないかもしれません。

*帯板

帯にシワが寄っているとせっかくの着物も見栄えが悪くなってしまいます。
この帯のシワを防ぐのに使用されるのが帯板です。
帯の下に入れる前板と後ろに入れる後板に分類されます。

*帯枕

帯の形を補助してくれるのが帯板です。
袋帯での二重太鼓や飾り結びに用います。
お太鼓のボリュームを左右し雰囲気を演出してくれるので、様々な使い分けが可能です。

*伊達締め

腰紐に加え、長襦袢の上から腰の周りに巻くのが伊達締めです。
腰紐だけでは崩れやすいので伊達締めを使用します。

*和装ベルト

伊達締めと用途は同じで、着崩れ防止のために用います。

*三連紐

振袖の袋帯で飾り結びをする際に使用します。

*着物クリップ

クリップは帯などを抑えておくのに役に立ちます。
着付けをする際にあると便利です。

*足袋

振袖用の靴下です。

□振袖の衿

*重ね衿

着物の襟に直接重ね、外から見て重ね着をしているように見せるのが目的です。
着物と半襟の間に入れて使用しますが、使用すると色を一色加えることができるため見栄えが格段に良くなります。
生地の厚みは半襟寄りも厚く、柄も華やかなものが多く売られています。

*半襟

半襟は、すべての着物に必要なものです。
襟芯を入れることで綺麗な衿を作ることができます。
もともと汚れの防止として取り入れられましたが、明治以後からはオシャレの要素としても次第に高まってきました。

□さいごに

今回は、振袖を着付けする際に必要なものについてご紹介しました。
ぜひこの記事を参考に、着付けに必要なものを揃え、自信の着付けにお役立てください。
私たちレンタル着物別嬪では、大阪を中心に着物のレンタルを行なっております。

レンタルをご希望の方や、着付けを依頼したいという方は、ぜひお問い合わせください。
お待ちしております。