訪問着の際の帯の選び方についてプロが解説します!

友人や同僚の結婚式で訪問着を着られる方の中で、
「訪問着の色と帯の合わせ方について知りたい。」
「訪問着の柄と帯の合わせ方のコツあるのかな?」
このようなお考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
頻繁に着る機会のない着物についてはわからないことも多いですよね。
そこで今回はそのような方に向けて、訪問着の色と帯の選び方についてご紹介します。

 

□訪問着の色と帯の合わせ方

*淡く上品な色|その1

淡く上品な色の訪問着には、黒色の帯を使用することをおすすめします。
これを行なうことによって、訪問着の上品なイメージに加え、黒色の帯ですっきりした印象を与えることができます。
引き締めを求めながらも重い印象にはなりたくない方におすすめです。

 

*淡く上品な色|その2

春などの季節には淡い色の訪問着と淡い色の帯を合わせることをおすすめします。
この際に暖色系の淡い色を使用すると、特に春の優しい雰囲気を演出することができます。
帯に金糸などを使用しているものであれば、結婚式や披露宴のおめでたい雰囲気にぴったりです。
また、この際に上記のすっきりした印象も与えたい場合には、帯締めを黒色にすることをおすすめします。
帯締めだけでも印象はかなり変わってくるので、気になる方はぜひ試してみてください。

 

*落ち着いた色

黒地などの落ち着いた色の訪問着には明るい色の帯を使用すると良いでしょう。
訪問着の落ち着いた雰囲気に加えて、帯で華やかさが演出されます。
これらの着こなしをすると、気品のあるイメージや粋でクールなイメージを与えることができます。
大人な女性を演出することができます。
年齢が上がって着ても着こなすことができるのでぜひ覚えておいてください。

 

*その他

その他のおすすめとしては、訪問着の色には関わらず、訪問着の柄と同じようなデザインのものを小物や帯に取り入れる方法があります。
統一感のあるまとまった印象を与えることができます。
またこの際に、帯締めや重ね襟を訪問着の色と同じ色にすることで、より統一感を増すことができるということを知っていてください。

 

□まとめ

ここまでで、訪問着の色と帯の合わせ方についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
上記の内容をぜひ参考にして、自分にぴったりの着こなしを見つけてくださいね。
また、当社では訪問着のレンタルや着付けを行なっていますので、興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

投稿者:

rental kimono

大阪の心斎橋にある『別嬪』はレンタル着物&フォトスタジオのお店です。フォーマルなお着物からアンティーク着物まで多数取り揃えております・ 成人式のお振袖や卒業式の袴、七五三、浴衣など撮影にもピッタリな華やかな着物をご用意しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA