振袖を着た際のマナーとは!?【成人式を迎える方必見!!】

「振袖を着て成人式に参加する」
「振袖を着た際には、どのようなマナーがあるのだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?
人生に一度しかない成人式という晴れ舞台、多くの人が振袖を着用します。
しかし、振袖を着た際、どのようなマナーがあるのかはあまり知られていません。
では、実際の所どのようなマナーがあるのでしょうか。
この記事では振袖着用時のマナーについてご説明します。

 

□基本の動作

振袖を普段着ている人はいませんよね。
ほとんどの人が振袖を着た経験が少なく、そのため基本的なマナーを知りません。
少し気を付けるだけで、他の人よりも大人らしい振る舞いができます。
では、具体的にどのようなマナーがあるのでしょうか。

*立つ・歩く時のマナー

振袖を着ている時は、常に上方向に引っ張られている感覚で背筋を伸ばしましょう。
足の親指に力を入れ、歩幅は足のサイズほどにしましょう。
普段のように歩いては、せっかくの振袖姿が台無しになります。
無理な姿勢を続けるというよりは、普段よりも少し意識するぐらいがちょうど良いです。
気を張るよりも自然体でいることがマナーです。

*座る時のマナー

椅子などに座る時は袖を前でまとめてもち、帯が潰れないように浅めに腰掛けましょう。
そしてしっかりと背筋を伸ばしましょう。
座る際のマナーは足を広げすぎて着崩れを起こさないよう気を付けることです。

*階段のマナー

階段で気を付けることは袖を踏まないことです。
そのため袖や裾は重ねて左手にかけ、裾は足が見えすぎない程度に持ち上げながら階段を降りましょう。

*食事をする際のマナー

成人式の後などに、着物姿で食事をする場合、大きめのハンカチなどを用意し、着物を汚さないように注意しましょう。
周囲の人に迷惑をかけないのもマナーの一つです。

*車を乗り降りする時のマナー

車の乗り降りで気を付けるべき事は二つあります。
一つ目はドアに着物が引っかかるのを防ぐこと、二つ目は髪型を崩さないようにすることです。
車に乗り込む際には注意しましょう。

 

□まとめ

この記事では振袖を着た際のマナーについてご紹介しました。
成人式は人生で一度しかない大切なイベントです。
写真や動画をたくさん撮る特別な一日となります。
そのため、正しいマナーを身に付けて後悔のないようにしましょう。
当社では、着物のレンタルを行っております。
レンタルだけでなく、着付けなども行っておりますので、ご興味がありましたらぜひご相談ください。

振袖の帯は何種類ある!?【成人式を迎える方必見!!】

「振袖の帯はどのようにすれば良いだろう」
「振袖の帯にはどんな種類があるのだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?
成人式は人生に一回のイベントです。
そのため、どのような帯にするか迷いますよね。
では、帯にはどのような種類があるのでしょうか。
この記事では振袖の帯の種類についてご紹介します。

 

□帯の種類

着物の帯といえば、様々な種類があります。
その中でも、振袖に合う帯は袋帯・丸帯のどちらかになります。

*袋帯

明治時代以降に考案されたと言われている袋帯は訪問着や留袖など、振袖だけでなく様々な礼服用の着物の帯として使われています。
表地に模様があり、裏地は無地か地紋だけであるのが特徴です。

*丸帯

袋帯とは異なり、裏表両方に模様があります。
長さも長く、3kg以上の丸帯もあります。
華やかで豪華な丸帯は、戦前までは正装の際に着用されていました。
しかし、今では使いにくいということもあり、芸子か花嫁衣装としてしめる帯として使われます。
そのため、多くの人が成人式でつけるのは袋帯です。
帯を二種類紹介しましたが、帯の柄や色にはどのような種類があるのでしょうか。

 

□柄の種類

*全通柄

全通柄は帯全体に模様がついています。
振袖の帯結びはとても複雑です。
そのため、綺麗な柄のある帯を選んでも、結びが汚ければ台無しになってしまいます。
しかし、全通柄は表地全部に模様があるため、おすすめです。

 

□色の種類

帯の種類や柄についてご紹介しましたが、色はどのような種類があるのでしょうか

*白

白の帯は振袖の印象を明るくできます。
合わせる着物の色にもよりますが、白は長年人気のある色です。

*金

格式高く、一生に一回だけの成人式に合った色です。

*黒

黒色は引き締める効果がある色です。
そのため、着物全体が白っぽい場合や、着用者がふっくらされている場合はおすすめです。

 

□帯の選び方

このように様々な種類がある帯ですが、どのように選べば良いのでしょうか。
おすすめする方法は振袖にあった色の帯を選ぶことです。
成人式で着る振袖で大事なのは、全体の統一感です。
いくらおしゃれな帯を使っていても、バランスが取れてないと意味がありません。
全体の統一感を出すために、振袖の色と合った帯を選びましょう。

 

□まとめ

この記事では帯や柄の種類についてご紹介しました。
成人式は一生に一度しかありません。
ぜひご参考ください。
また当社では振袖のレンタルを行なっています。
着付けなども行っておりますので、ご興味がありましたらぜひご相談ください。

着物を着てお出かけしよう!シーンに合った訪問着の選び方を紹介

「友達の結婚式にどんな訪問着を着ていけばいいか分からない!」
「訪問着について不安が多くてなかなか着られない!」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
訪問着を着る機会は多くありますが、訪問着を着たことがあまりない人は、どのような訪問着を着るのがいいのかは分からないですよね。
訪問着は、場によって色や柄の決まりがあります。
今回は、シーンに合った訪問着の選び方を紹介します。

□お祝いの場での訪問着

訪問着を着るお祝いの場として、結婚式や入学式、卒業式、お宮参りなどが挙げられます。
結婚式での訪問着は、華やかで明るい印象を与えるものが良いとされています。
しかし、花嫁がメインのお祝い事なので、派手すぎる柄や色で、花嫁よりも目立ってしまわないように気をつける必要があります。
また、白は花嫁の色、黒は新郎新婦の母親や祖母が着るとされる黒留袖と被ってしまうので、その他の色を選ぶようにしましょう。
お子様の入学式、卒業式やお宮参りに訪問着を着ていきたいという方も多いでしょう。
こういった場では、華やかさがありながら、上品な印象の訪問着を着ることをおすすめします。
結婚式と同様、主役はお子様なので、あまり派手すぎるものは選ばない方が好ましいとされています。
また、季節が春であることが多いので、ピンクのような淡い色の訪問着が人気でもあります。

□お出かけの場での訪問着

お祝いの場での訪問着に比べて、お出かけの場での訪問着の選び方は比較的自由で、特に決まりはありません。
食事会や同窓会では、派手な色や大きな柄の入った訪問着を着る方も多いです。
機会によって、小物を変えたり、帯の色を変えたりすることで様々なコーディネートを楽しむことができます。
また、自分に似合う色や、好きな色の訪問着を着ることで、訪問着の魅力をより感じることができるのではないでしょうか。

□訪問着をレンタルする

ここまでで、訪問着はシーンによって決まりがあり、選び方も異なるということはお分かりいただけましたか。
訪問着の購入を検討している方は、一層どのような訪問着を購入したら良いのか分からなくなってしまったかもしれません。
そこで、訪問着をレンタルすることをおすすめします。
訪問着を購入ではなくレンタルにすることで、シーンによって適した訪問着を選ぶことができます。
レンタルをすることで、訪問着をより気軽に着ることができるようになるのではないでしょうか。

□まとめ

今回は、シーンに合った訪問着の選び方を紹介しました。
シーンごとにどのような決まりがあるのかはお分かりいただけましたか。
当社では様々な種類のレンタル着物を取り扱っています。
訪問着の購入を迷っているという方は、レンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

振袖の柄の意味を知ってますか?種類別で意味を紹介

「成人式に着ていく振袖を決めたいけれど、どうやって選んだらいいのか分からない!」
「柄が多くて、どれがいいのか分からない!」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
振袖は、種類が豊富で選び方が自由な反面、1つを選ぶのは難しいですよね。
そんなとき、振袖の柄で決めるのはいかがでしょうか。
振袖の柄には、それぞれに意味があります。
今回は、振袖の柄の意味を種類別で紹介します。

□吉祥文様(きんしょもんよう)

吉祥文様とは、鶴、龍、鯉などのおめでたいとされるものの柄です。
それぞれの柄について、詳しく紹介します。

*鶴

鶴は延命長寿の象徴として使われます。
また、鶴は夫婦になると一生夫婦のままであるということから、「パートナーと出会い、その人と共に長生きをする」といった意味も込められています。

*龍

龍の柄は、古代中国から伝わったとされています。
龍は空高くまで昇っていくというイメージ通り、「将来の発展を象徴する」といった意味が込められています。

*鳳凰

鳳凰も龍と同様に、古代中国から伝わったものと言われています。
鳳凰は、平和で幸せな世界が実現すると、現れる鳥とされていて、「そういった世界が実現するように願う」という意味が込められています。

□花柄

花柄は、振袖の柄の中でもメジャーで、多くの振袖に用いられています。
これは、花の種類によってそれぞれ違った意味を持っています。
ここでは、特に人気な柄について、詳しく紹介します。

*椿

椿は、平安時代から高貴で神聖な花として扱われていました。
振袖の柄としては、上品な印象を与えることができます。
また、椿には厄除けの意味も込められていると言われています。

*バラ

バラは見た目の華やかさから、振袖の柄として、とても多く用いられています。
洋風のモダンな印象を与えてくれるので、特に若い人の間で人気な柄になっています。
バラの意味は色によって異なり、赤は「愛」「情熱」、青は「奇跡」「夢が叶う」、白は「清純」「尊敬」など様々な意味が込められています。

□振袖をレンタルしよう

意味が違うのであれば、シーンごとに適した意味の柄の振袖を着たいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そういった方には、振袖をレンタルすることをおすすめします。
振袖をレンタルすることで、毎回柄の違った振袖を着ることができます。

□まとめ

今回は、振袖の柄の意味を種類別で紹介しました。
それぞれの柄がどんな意味を持っているかはお分かりいただけましたでしょうか?
振袖の柄は、ここでは紹介しきれなかったものもまだまだ多くあります。
機会によって意味の合った振袖を着たいという方は、レンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

訪問着を着て結婚式に行こう!おすすめの色を紹介

「友達の結婚式にどんな訪問着を着ていけばいいか分からない!」
「訪問着について不安が多く、なかなか着れない!」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
訪問着を着る機会は多くありますが、あまり訪問着を着たことがない人は、どのような訪問着を着るのがいいのかは分からないですよね。
中でも、結婚式は大切なお祝いの場なので間違いがないようにしたいものです。
そこで、今回は結婚式に適した訪問着の色を紹介します。

□避けるべき色

結婚式は、花嫁がメインのお祝い事なので、派手すぎる色で、花嫁よりも目立ってしまわないように気をつける必要があります。
赤や黄色といった明るく派手な色は、とても目立ってしまうので結婚式には向いていないでしょう。
また、白は花嫁の色、黒は新郎新婦の母親や祖母が着るとされる黒留袖と被ってしまいます。
派手すぎる色、白系、黒系はなるべく避けるようにするのが、結婚式に着ていく訪問着の色を決める際のポイントです。
それでも白系や黒系を着たいという方は、柄や帯、小物にアクセントカラーを多めに用いることで、花嫁や近い親族の方と被らないようにすると良いかもしれません。

□結婚式におすすめの訪問着

では、実際にどのような色を選ぶのかを紹介します。
基本的には、上の避けるべき色を意識して決めると良いでしょう。
パステルカラーのような、明るく上品な印象を与えられる色の訪問着を着ていくと結婚式をより華やかにすることができるでしょう。
また、会場の雰囲気や季節に合わせて、訪問着の色を選ぶこともポイントの1つです。
自分の体格や顔に似合う色を選ぶことも、おすすめの選び方です。

□訪問着をレンタルしてみる

訪問着を購入する場合、会場の雰囲気や季節によって色を変えることはできませんよね。
せっかくのお祝い事なので、毎回同じ訪問着は嫌だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、訪問着をレンタルすることをおすすめします。
訪問着を購入ではなくレンタルにすることで、毎回違った色や柄を選んで着ることができます。
レンタルをすることで、訪問着をより気軽に着ることができるようになるのではないでしょうか。

 

□まとめ

今回は、結婚式に適した訪問着の色を紹介しました。
結婚式の訪問着にはどのような決まりがあるのかはお分かりいただけましたか?
当社では様々な種類のレンタル着物を取り扱っています。
訪問着の購入を迷っているという方は、レンタルをご検討してみてはいかがでしょうか。

アンティークの訪問着ってどんなもの?特徴とメリットを紹介

「アンティークの訪問着を着てみたい!」
「アンティークの訪問着って具体的にどんなものなのか分からない!」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
アンティークという言葉はたまに聞くけれど、どのようなもので、また、どのようなメリットがあるのかを知らない方も多いのではないでしょうか。
今回は、アンティークの訪問着のメリットについて紹介します。

□アンティークの訪問着とは

アンティークの訪問着とは、明治から昭和初期までにつくられた着物のことです。
特徴として、現代の訪問着とは違った、特徴的な模様や大胆な色使いが挙げられます。
また、素材には、当時の高級品であった絹が使用されているのも、大きな特徴の1つです。

□アンティークの訪問着のメリット

次に、アンティークの訪問着のメリットについて紹介します。
まずは、先ほど紹介したように、現代にはない個性的な柄や色使いによって、他の人よりも一層目立つことができるという点です。
アンティークの訪問着は、派手すぎて変に目立ってしまうかと思われがちですが、和服の上品さとうまく中和されて、派手でありながらまとまった印象を与えることができます。
また、自分に合った個性的なデザインを見つけるのも楽しさの1つでもあります。
もう1つのメリットとして、価格が安く手に入るという点も挙げられます。
アンティークの訪問着は購入の費用が安いことに加えて、仕立ての必要もないので、新しく訪問着をつくることに比べると安く済ませることができます。

□アンティークの訪問着はレンタルできる

アンティークの訪問着の魅力を知って、様々な柄や色のアンティークの訪問着を着てみたいと感じた方はいらっしゃいませんか?
しかし、何着もアンティークの訪問着を買うことは難しいですよね。
そこで、アンティークの訪問着をレンタルすることをおすすめします。
当社では、充実した品揃えのアンティークの訪問着から、お客様に合ったものをお選びいただけます。
訪問着をレンタルすることで、毎回違った色や柄を選んで着ることができます。
アンティークの訪問着をより気軽に楽しむことができるようになるのではないでしょうか。

□まとめ

今回は、アンティークの訪問着のメリットについて紹介しました。
アンティークの訪問着にはどのような特徴があるのかはお分かりいただけましたか。
当社では様々な種類のアンティークの訪問着を取り扱っています。
訪問着の購入を迷っているという方は、レンタルをご検討してみてはいかがでしょうか。

着物の紋とは、家紋を入れないといけないの?数による違いは?

「着物の紋の数って決まりがあるの?」
「自分の家紋でない着物を着てもいいの?」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
着物を普段から着ない人は、紋についての知識があまりないですよね。
紋にどんな決まりがあるのか、知らない方も多いかもしれません。
今回は、着物の紋の意味と選び方について紹介します。

□着物の紋とは

着物の紋は着物の格を決める重要な要素の1つです。
紋は種類が豊富で、その数は2万種を超えると言われています。
種類が多い上に、それぞれ意味も異なるので、着物を選ぶ際には注意をしなければいけません。
ここからは、紋を選ぶ際に重要な要素である、紋の数による違いや紋の種類の選び方について詳しく紹介します。

□紋の数

着物の紋の数は「無紋」「一つ紋」「三つ紋」「五つ紋」の4つの種類に分けられます。
これは、紋の数が多くなるにつれて、格式が高くなっていくと言われています。
一つ紋の場合、背中の1箇所に紋が入っており、準礼装や略礼装用といて用いられることが多いです。
三つ紋の場合は、背中に1箇所と両胸に2箇所の紋があります。
これは、訪問着として用いられることが多いです。
五つ紋の場合は、背中に1箇所、両胸に2箇所、両後袖に2箇所の紋があります。
これは、最も高い格式の正礼装として用いられることが多いです。
このように、紋の数により着物の格式が変わってくるので、シーンに合った紋の数を選べるようになると良いでしょう。

□自分の家紋でなくてもいいのか

着物の紋というと、自分の家紋を入れるものだと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
着物に入れられる紋は、基本的には家紋になっており、昔から自分の家系や血統を表すために用いられてきました。
しかし、江戸時代頃からは一般庶民でも紋が使えるように、誰でも使える「通紋」というものができました。
これが、着物の紋で入れられているものも多く存在するので、必ず自分の家紋を入れなくてはいけないという決まりはありません。

□まとめ

今回は着物の紋の意味と選び方について紹介しました。
着物の紋がどのような意味を持っているのか、お分かりいただけましたでしょうか?
紋の入った着物をレンタルする際には、紋の数に気をつけるようにすれば良いでしょう。
当社では様々な種類の紋入りの着物を取り扱っています。
訪問着の購入を迷っているという方は、レンタルすることをご検討してみてはいかがでしょうか。

成人式の振袖の選び方は?色選びのポイントを紹介

「成人式に着ていく振袖を決めたいけれど、どうやって選んだらいいのか分からない!」
「どんな色の振袖が似合うのか分からない!」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
成人式は一生に1度の機会なので、振袖選びは慎重になってしまいますよね。
その中でも、振袖の色は印象を大きく左右するので悩んでしまう方も多いかもしれません。
今回は、振袖の色の選び方について紹介します。

□体型に合う振袖の色

振袖の色の選び方の1つは、自分の体型に合う色を選ぶということです。
それぞれの身長や体格によって、その魅力を増すだけでなく、コンプレックスと感じている部分も魅力へと変えてくれます。
では実際に、身長と体格に分けて似合う色を紹介します。

*身長によって似合う色

身長の高い人は濃い色の振袖が似合うとされています。
身長の高い人が濃い色の振袖を着ることで、シャープで大人っぽい印象を与えることができます。
逆に身長の低い人は明るい色や淡い色の振袖が似合うとされています。
明るい色や淡い色は可愛らしさを引き立ててくれる効果があるので、身長の低い人の魅力をひきたててくれます。

*体格によって似合う色

細い体格の人は、ピンクやオレンジの暖色の振袖が似合うとされています。
暖色は、ふくよかで優しい印象を与えてくれます。
女性らしさをより際立てたい人は、暖色の振袖を着ることをおすすめします。
ふくよかな体格が気になる方には、暗く濃い色の振袖がおすすめです。
暗く濃い色によって、引き締まってキリッとした印象を与えることができます。

□振袖の色による印象

次に、振袖の色が与える印象について紹介します。
まず、白やベージュなどの薄く明るい色は、清楚な印象を与えてくれます。
帯や小物にアクセントカラーを入れたい場合は、他の色の振袖よりも印象的にすることができるのではないでしょうか。
クールで大人っぽい印象を与えたい場合は、青や緑、黒といった、暗くて濃い色がおすすめです。
暗く濃い色は、先ほど述べたように引き締まった印象を与えてくれるので、そういった印象を与えたい人にもおすすめです。
他にも、紺や紫は知的な印象、赤は正統派の振袖の印象を与えてくれるといったことも知っておくと色を決める際の参考になるのではないでしょうか。

□振袖レンタルをおすすめする理由

振袖の色を決められない方の中には、選んだ色の着物を購入しても、長い年月着ることができないかもしれないという不安がある方もいるかもしれません。
着物は一生ものと言われるほど丈夫でしっかりとしたつくりになっている反面、年月が経つと、似合う色や色の好みが変わってしまうこともあります。
そのような不安がある方には、振袖をレンタルすることをおすすめします。
振袖をレンタルすることで、着る機会ごとに違った着物を選ぶことができるので、そういった不安はなくすことができるのではないでしょうか。

□まとめ

今回は、振袖の色の選び方を紹介しました。
あなたに合った振袖の色はお分かりいただけましたか?
当社では様々な種類のレンタル着物を取り扱っています。
振袖の購入を迷っているという方は、振袖レンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

留袖に適した草履・バッグの選び方を徹底解説!

「留袖を着ることになったが、草履とバッグの選び方が分からない!」
「シーンによって草履とバッグを使い分けたい!」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
留袖をあまり着たことがない人は、どんな基準で選べばいいか分からないですよね。
大切なシーンで着用することが多い留袖は、きちんとルールを知っておきたいのではないでしょうか。
今回は、留袖に適した草履とバッグの選び方を紹介します。

□色の選び方

小物の色は、留袖に限らず決めるのが難しいですよね。
留袖に適した草履とバッグの色を決める際のポイントは、「金」、「銀」を基調とした色を選ぶことです。
黒留袖の場合、「金」、「銀」を基調とした小物によって、華やかさ、上品さ、高級感を演出することができます。
また、「白」を基調としたデザインも同じ理由でよく使われています。

□素材の選び方

素材も、色と同じように悩む要素の1つではないでしょうか。
留袖用の草履とバッグには、エナメルや革、帯地など、多くの素材でつくられたものがあります。
この中で、どの素材を選べば良いのでしょうか。
基本的には、素材は自分の好みのものを選ぶと良いとされています。
ただ、それぞれの素材で特徴があるので、シーンに合った素材を選ぶのも良いかもしれませんね。
例えば、エナメル素材の草履とバッグは、つるんとした表面によって、高級感と上品さを同時に演出してくれます。
帯に使用されるようなデザインが取り入れられている帯地のものは、華やかさをより引き立ててくれます。
こういった特徴を意識して、草履とバッグの素材を決めると良いでしょう。

□留袖と草履・バッグをセットでレンタルできる

留袖はレンタルすることができると知っていますか?
当社では、留袖のレンタルと一緒に、草履とバッグをレンタルすることができます。
レンタルの際には、それぞれの留袖に適した草履とバッグを、豊富な種類の中からお選びいただけます。
専門家によって、どのようなものを選べばいいのかのご相談も承っております。
また、留袖はご自分で持っていらっしゃるという方には、草履とバッグのみのレンタルをして頂くこともできます。

 

□まとめ

今回は、留袖に適した、草履とバッグの選び方を紹介しました。
どのような小物を選べば良いのか、お分かりいただけましたか。
当社では様々な種類の留袖、それに合った草履、バッグを取り扱っています。
留袖や小物の購入を迷っているという方は、レンタルをすることをご検討してみてはいかがでしょうか。

振袖をレンタルしよう!購入と比較したメリット、デメリット

振袖を購入したいけれど、レンタルも魅力的で悩んでいるという方はいらっしゃいませんか?
振袖を持っていない方は、どちらの方が自分に合っているのかは気になりますよね。
振袖のレンタルは購入と比較すると、多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。
そこで、今回はレンタルのメリットとデメリットについて、購入する際と比較して紹介します。

□メリット

*手軽に楽しむことができる

振袖をレンタルすることで、手軽に振袖を楽しむことができます。
振袖を購入すると手間がかかるのが、劣化を防ぐためのメンテナンスや保管場所の確保です。
振袖レンタルの場合、こういった心配はありません。
また、振袖を購入するには数万円から数十万円が必要です。
レンタルの場合、1日数千円で借りることができるので、着る機会の少ない方はレンタルの方が気軽に振袖を楽しむことができるはずです。

*豊富な色や柄からレンタルできる

様々な種類の振袖から、毎回違った振袖を選ぶことができるのも、振袖レンタルのメリットの1つです。
色や柄など、その日の気分に合ったものを選び、より振袖の魅力を楽しむことができます。
また、振袖に詳しい方に振袖を選んでもらうことや、その年の流行を教えてもらうことができるので、どんな振袖を選んだらいいのか分からないという方にもおすすめです。

□デメリット

 

*自分の身体に合ったものを見つけにくい

レンタル振袖で貸し出しをしている振袖は、平均的な体格に合ったサイズのものが多いです。
振袖は自分の身体にフィットしたものの方が、着姿が美しいと言われています。
レンタルでは、自分の身体にぴったりの振袖を見つけることは難しいかもしれません。

*時間制限がある

振袖のレンタルの場合、返却の期限があります。
その期限以降は振袖を楽しむことはできません。
例えば、観光をしていてまだ振袖で行きたいところがあるのに、返却の時間になってしまった場合は、観光を諦めて振袖を返却しなければいけません。
また、レンタルをしている間は常に返却の時間のことを意識してしまい、思うように楽しむことができないかもしれません。
その点では、自分の振袖を持っていると時間を気にせずに楽しむことができるでしょう。

□まとめ

今回は、レンタルのメリットとデメリットについて、購入する際と比較して紹介しました。
それぞれ、どのような特徴があるのかはお分かりいただけましたか?
レンタルはデメリットもありますが、メリットが多く、とても魅力的です。
振袖の購入を迷っている方は、レンタルの振袖をご検討してみてはいかがでしょうか。