袴には振袖?訪問着?大阪で着物レンタルなら別嬪

袴には一般的に振袖か訪問着のどちらかを合わせます。
振袖と訪問着のどちらにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
袴と柄行の相性が合っていればどちらを選択してもふさわしい装いにすることができます。
そこで今回は、袴に振袖を合わせた場合、訪問着を合わせた場合、それぞれどのような特徴があるのかご紹介します。

*袴とは

袴は着物の上に着るもので腰から下を覆うような構造になっています。
もともと袴は、明治期になって、女学生の制服として考案されました。
着物に帯を合わせたスタイルと比較して動きやすく、優美さも兼ね備えている点からも制服として採用されたポイントです。
このような歴史的背景から、現在でも卒業式という式典の場でも着用されています。

□振袖を合わせた場合

振袖は、未婚女性の第一礼装として着用される着物です。
振袖は成人式で圧倒的な人気を誇り、多くの女性を虜にしています。
その理由は、やはり袖の長さと優美な柄でしょう。
特別な式典であれば欲しいのが「特別感」ではないでしょうか。
振袖の与える印象はその特別感を持ちたいという気持ちを十分に満たしてくれます。
卒業式では、二尺ほどの長さの小振袖が主流で、晴れ舞台を鮮やかに彩ってくれます。

□訪問着を合わせた場合

訪問着は振袖とは異なり、年齢や立場に関係なく着用することが可能です。
振袖が未婚女性のみの着用であるのに対し、訪問着は幅広い場面で着用できます。
特徴としては美しい絵羽模様があります。
柄が繋がって描かれているため、広げた時に一枚絵のように見え非常に美しいです。

□違いを知って楽しみ方を広げる

振袖は未婚女性の第一礼装、振袖は幅広く使える準礼装です。
訪問着は、紋の有無で格調の高さが変化するためシーンに応じた使い分けも可能です。
着物には適したシーンで使い分ける楽しみがあります。
それぞれの特徴や違いを知って、楽しみ方を広げていきましょう。

*振袖や訪問着を日常で楽しむ

それそれの特徴や違いを知ると身近に取り入れてみたくなりますね。
そのような時にはレンタルを活用するとより身近に振袖や訪問着を感じることができます。

□さいごに

今回は、袴に振袖を合わせた場合、訪問着を合わせた場合、それぞれどのような特徴があるのかについてご紹介しました。
振袖や訪問着は高価になりがちな着物ですが、レンタルなどを上手に活用すれば季節やシチュエーションに合わせて様々な服装を楽しめます。
ぜひこの記事を参考に、納得のいく選択にお役立てください。

投稿者:

rental kimono

大阪の心斎橋にある『別嬪』はレンタル着物&フォトスタジオのお店です。フォーマルなお着物からアンティーク着物まで多数取り揃えております・ 成人式のお振袖や卒業式の袴、七五三、浴衣など撮影にもピッタリな華やかな着物をご用意しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA